新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と診断された外国人の方へ

公開日 2022年11月10日

更新日 2022年11月11日

 1.守っていただきたいこと

 

(1)発熱や咳、喉の痛みなどの症状がある人

① 「症状が出始めた日」を0日目として、7日間は原則、外出せずに自宅で療養してください。

※ ただし、症状が良くなって24時間経過した場合は、食料品の買物などの必要最小限の外出は可能です。その場合でも外出時はマスクを着用して短時間で行動し、バスや列車、タクシーなどの公共交通機関は使用しないでください。

② 7日目に発熱がなく、咳もひどくなっていなければ、8日目から通常の外出が可能となります。

(2)検査前からずっと症状がない人

① 「検査した日」を0日目として、7日間は原則、外出せずに自宅で療養してください。

※ ただし、症状がない状態が続く場合は、食料品の買物などの必要最小限の外出は可能です。その場合でも外出時はマスクを着用して短時間で行動し、バスや列車、タクシーなどの公共交通機関は使用しないでください。

② 7日目まで症状が出なければ、8日目から通常の外出が可能となります。

※ ただし、7日目までに症状が出た場合は、「症状が出た日」を0日目として、7日間は原則、外出できなくなります。

(3)症状がある人、症状がない人の共通事項

 症状が出始めた日または、検査した日から10日目までは、他人へ感染させるリスクが残

っているため、感染すると重症化するリスクの高い高齢者などと会うことや、感染リスクの高い場所の利用、大人数での食事は避けてください。

 

2.徳島県による支援制度

 

(1)ホテルでの療養

 ① 以下の人は、徳島県が確保するホテルを利用することができます。

  a. 自宅に感染すると重症化するリスクの高い高齢者などがいる人

b. 旅行者で、宿泊しているホテルで引き続き宿泊できない人

 ② 徳島県が確保するホテルまでの移動手段がない人は、徳島県が手配する車で送迎することもできます。

  ※ ただし、徳島県が確保するホテルから帰るときは、バスや列車、タクシーなどの公共交通機関を利用するか、家族や知人などに自宅までの送迎をお願いして下さい。

③ 徳島県が確保するホテルの宿泊料金や食事料金は無料です。

  ※ 食事は、3食お弁当です。館内アナウンス後、決められた場所で受け取ります。

  ※ 部屋の掃除やシーツ交換、洗濯のサービスはありません。

④ 食事を受け取るときやゴミ出し、緊急時以外は、部屋から出られません。

 ※ 家族や知人からの差し入れやデリバリーサービスの利用もできません。

⑤ 1日3回、看護師が電話やLINEで健康状態を確認します。

⑥ ホテルで薬をもらうことはできますが、料金はかかります。

⑦ ホテルを退所する日は、症状が出始めた日を0日目として、8日目の午前中です。

  ※ ただし、7日目に症状が残っている場合は、退所日が延長となることがあります。

(2)支援物資の受け取り

 ① 陽性と診断されて自宅で療養する人のうち、家族や知人などに買物の代行を頼むことができない人は、食べ物や飲み物などの支援物資を徳島県から受け取ることができます。

 ② 支援物資は、申し込みをしてから2日から3日後に自宅に配達されます。

 ③ 支援物資は、無料です。

 ④ 支援物資の申し込みは、1セットを1回のみです。

 

3.支援制度の利用方法

 

 ホテルでの療養または支援物資の受け取りを希望する人は、TOPIAのホームページに掲載している「支援制度の利用申込書」に必要事項を記入して、以下のメールアドレスへ送付してください。

【申込先】tokushima_covid19@mail.pref.tokushima.jp

 

新型コロナウイルス感染症に係る支援制度の利用申込書

新型コロナウイルス感染症に係る支援制度の利用申込書(記載例)[PDF:94.2KB]

新型コロナウイルス感染症に係る支援制度の利用申込書[XLSX:39.6KB]